とんままの【楽天ROOM】

子連れ旅行で絶対に宿泊先の「部屋選び」を失敗しないコツを教えます♪

こんにちは、とんまま(twitter, insta)です。

子どもを連れて旅行となるとホテルを決めるのもなかなか…部屋の広さ、ベッドの数、いったいどうしたらいいの~?と迷いますよね。私も初めはそうでした。しかし、実際に子どもを連れて宿泊するうちになんとなく「これくらいかな~?!」というのがわかってきました!下記を参考にしていただければ失敗しないと思います!

和室or洋室どちらが正解?

普段から寝ている方を選択するのがbetterです。しかし、子どもが小さいうちは和室の方がベッドから落ちる心配もありませんしおススメですね。

とんまま

値段がそんなに変わらずに【和洋室】を選べる場合は、我が家は迷わずこれです!

和室の場合

部屋の広さ

※以下、シングル=シングル布団

6畳=シングル2枚で余裕あり。シングル3枚敷くのは可能。しかし、部屋いっぱいいっぱいで狭い印象。

8畳=シングル3枚で余裕あり。ただし、すごく広い感じではないので、圧迫感や狭い感じが苦手な人はこれより広い部屋を選択するのがおススメ。

10畳=シングル4枚も可能。ただし、横に並べて4枚敷ける部屋は少ない。シングル3枚ならちょうどよい空間でおススメ。

12畳=4~5人家族なら十分ゆったりと泊まれます。

布団の数

※パパママの体型や子どもたちの体型によっても異なります。

  • 子ども1名(0歳~幼児)=シングル布団2枚
  • 子ども1名(小学生~)=シングル布団3枚

 

  • 子ども2名(0歳~幼児)=シングル布団3枚
  • 子ども2名(内1名:0歳~幼児)=シングル布団3枚or4枚
  • 子ども2名(小学生~)=シングル布団4枚

洋室の場合

ベッドの種類

※()ベッド幅:あくまでも参考サイズです

キング(180)=大人2人でも悠々と寝れる

クイーン(160)=大人2人が寝れるサイズ

ダブル(140)=大人2人は厳しい。大人と小さい子どもなら一緒に寝れる。

セミダブル(120)=大人1人が悠々と寝れる。小柄な大人と小さい子どもは一緒に寝れる。

シングル(100)=大人1人用

ベッドサイズとベッド数【選択決定版】

family_bed_kawanoji

  • 子ども1名(0歳~幼児)=シングルツイン、シングル+セミシングル
  • 子ども1名(小学生~)=シングルツイン+エキストラベッド、ダブルツイン、トリプル

 

  • 子ども2名(0歳~幼児)=ダブルツイン、トリプル
  • 子ども2名(内1名:0歳~幼児)=トリプル、トリプル+エキストラベッド
  • 子ども2名(小学生~)=フォース、トリプル+エキストラベッド

年齢別0歳~幼児までは添い寝でOK!ただし体格には個人差があるので普段から子どもと寝ているサイズを参考にしながら決めると失敗しませんよ!小学生高学年にもなるとベッドは1人一台が基本ですね。

ベビーベッド
赤ちゃんのうちはベビーベッドを貸し出しているホテルもあるので、事前にチェックしたり、ホテルに問い合わせてみるのもいいと思います!ベビーベッドがあるだけでベッド数を減らしたりもできますからね♪

注意点⚠

hotel_front

ベッドの大きさ:長さや幅を数値で確認する。ホテルによってベッドのサイズが多少違ってきます。

添い寝が可能か:添い寝していい人数や年齢はホテルによって違います。事前に確認を‼

トリプルルーム:シングルベッド3台なのか、エキストラベッドまたはソファーベッドなのか要チェック‼

注意
エキストラベッドは主に可搬式の簡易ベッド。ソファーベッドは部屋に備え付けてあるソファーがベッドになる。ことが多いですが、ホテルによってはソファーベッドをエキストラベッドと表記されている場合もあります。部屋の画像や説明文をよく読みチェックする必要があります⚠

実際に宿泊した部屋☟

kousou_hotel

参考▶とんまま(167cm:ちょいぽちゃ洋ナシ体型)・旦那(182cm:細マッチョ型)

息子1歳

・洋室シングル2台(片方壁に接していた)
・洋室シングル2台(ベビーガード)

息子2歳

・洋室ツイン
・洋室ツイン

息子3歳

・和室:布団2枚(寝れなくはないが結構きつかった)
・和洋室

息子4歳と娘1歳

・和室:布団3枚

息子5歳と娘2歳

・和洋室:ツイン、布団自由
・洋室トリプル:シングルベッド3台(かなり余裕ありました)

まとめ

子どもを連れて旅行となると部屋選びが結構大変です。特に子どもが大きくなったり子どもの人数が増えるだけでなかなか難しくなってきます。普段どんなベッド、布団数で寝ているかを参考にして考えると決めやすいです。その際に「いつもよりゆったり寝たいな。」という場合はベッドや布団の数を増やすことをオススメします!

とんまま

疑問に思ったりわからないことがあればホテルに直接電話するのが早いですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です