とんままの【楽天ROOM】

2歳、3歳のイヤイヤ期の対応に基本の4step!パパママも子供も悲しまない方法★

2歳の誕生日が近づいてきたころ、わが家では娘イヤイヤ期が少しずつ始まりました。

  • イヤイヤはどうやったらおさまるの?
  • イヤイヤには対処したらいいの?

と、イヤイヤ期を迎えたわが子を前にママもパパもいっぱいいっぱいになりますよね。

とんまま

娘も2歳前から8ヶ月ほど、本当にひどいイヤイヤ期でした。地面に寝転がって手足をジタバタさせてなくことも…初めて寝転がって泣かれたときには、恥ずかしさから怒鳴ってしまったこと、いまでも罪悪感と共に覚えています。

そんな、パパやママだけでなく、子供も悲しくなるのはできるだけ避けたいですよね。現役の保育士さんに教えことや、娘に実践してよかったなと感じたことをご紹介します!イヤイヤ期でつらいと感じているパパママさんのお気持ちがグーンと楽になりますように。

1.イヤイヤ期のパパ・ママに伝えたいこと

買い物をしているとき、外食しているとき、子どものイヤ!イヤー!が始まるとものすごく疲れてしまいますよね^^;

でも、そんなママに一番伝えたいのは

周囲のことを気にしすぎず、子どもをなだめることだけ考えよう!

ということです。

冒頭でも書きましたが、初めて外出時に寝転がって泣かれたときには、恥ずかしさから怒鳴ってしまいました。

それは、私の中で

  • 周囲の迷惑になってはいけない
  • ダメなママと思われたくない
  • 早く泣き止ませないといけない

など「〇〇しないといけない」という気持ちにとらわれていたからです。

でも、くるしくて仕方なかったときに一度自分に問いかけてみました。

とんまま

本当にそうなの?
  • 周囲の迷惑になってはいけない
    →うるさいかもしれないけど迷惑かけたかな?
  • ダメなママと思われたくない
    →そう思われてどうなりたいの?
  • 早く泣き止ませないといけない
    →それって誰のため?

そう考えたら「あっ、今はその気持ちどうでもいいかも^^」と思えましたww


ママさんたちも知らず知らずのうちに自分自身にプレッシャーをかけていませんか?

  • イヤイヤ言うのは私の育て方に問題がある?
  • 泣き止ませられない私はダメママだ
  • イヤイヤ言う子どもにしっかり向き合わなきゃ!

そんなことありませんから^^‼

一生懸命子どもと向き合ってるからつらくなるだけです!

イヤイヤ期つらい。もう嫌だな。どうしたらいいんだろう。

そう感じている時点で、もう子育てと向き合ってるんです。

それだけですごいんですよ!!自分をもっとも~っと褒めましょう^^♪

  • イヤイヤ言うのも成長の証
  • 泣けるのも自分を出せてる証

2.イヤイヤ期の対応|おすすめ4選

共感する

例えば…

娘がカレーを食べるときに良かれと思って混ぜると「(これは)イヤ!」と大泣き大暴れ。

 

「そっか~混ぜて欲しくなかったんよね~(共感)」

 

と、言うと。娘はうん、うんと大きくうなずきます。

 

それでも、イヤイヤはもちろんおさまりません。

 

少し落ち着く程度です。

 

次は娘からサインが出ます。

 

「ママの(と交換するのが)いい!」

 

そこで

 

「わかったよ。(同意)でも、今回だけやで。次からは混ぜずに渡すね。(提案)」

 

と、交換してあげます。

それで、おしまい*^^*

そんなのワガママな子になるんじゃないですか?

わかります!わかります!その気持ち!

でも、

  • 嫌だったんだよね(共感・同意)
    →次は混ぜずにわたすから、自分のを食べようね(説得・提案)

と、気持ちを落ち着かせてあげつつ、次はどうするべきか互いに確認できれば、それでOKです!

言葉が増えてくれば「まぜたくない」など子どもも主張してくれますしね。

 

「これはあなたのだから、これをしっかり食べなさい!」は正論だと思います。

でも、これでママも子どもも苦しいのであれば、bestではないんですよね。

無理強いしない

例えば…

娘は着替えるをトコトン嫌がるときがあります^^;

オムツいっちょで部屋の中を走り回ることも…

最初は許せませんでしたし、すごくイライラしました(笑)

最近は

「そっか~着替えたくないか~わかったよ。」

と無理強いはしません。

ちょっと間を置くと

  • 自分で着替えはじめる
  • 服を選んで持ってくる
  • 様子をみてもう一度声をかける

で、大半が着替えをしてくれるようになりました。

自分で着替えはじめたら、できないところを手伝うだけでOKなので寧ろラクチンです^^♪

放っておく

上記の「無理強いしない」と似ているのですが、手の付けようがなかったら放っておくときもあります(笑)

本当にすさまじいのでずっと根気強く向き合ってると自分もしんどくなるからです^^;

「嫌なんだね~。わかったよ~。」

たまに

「そだね~!※自分だけなんか笑える(笑)

などと言って、共感はしますが、干渉はせずに放っておきます。

え~とんまま、ほんとうにいいの?

って、思うかもしれませんが、そんなときもあっていいと思います*^^*

放っておく=見守る

放置するわけではありません^^

  • 声掛けはせず
  • 気にかけながら
  • 無視はしない

ちょっと落ち着いてきたら、抱きしめてあげてください。

それで試合終了です^^/Yeah!

時間に余裕をもつ

特に平日の朝に実践しているのは

  • 少し早めに起きる
  • 多少のイヤイヤは共感して放っておく
  • 時間に追われないようにする

朝から「イヤイヤ!」なんて言われたら、ママもゲッソリですよね。

心や時間に余裕がないと、ついつい怒ってしまうので、私は時間に余裕をもって行動するようにしています。

そうすると多少のイヤイヤにも余裕をもって接することができますよ!

イヤイヤ期の対応【まとめ】

  1. まわりのことは気にしない
  2. 共感して気持ちを落ち着かせる
  3. 説得、提案を少しはさむ
  4. 無理強いせずイライラをヒートアップさせない
  5. 放っておいて、見守る

息子も多少イヤイヤ期がありましたが、それほど苦しい思いはしませんでした。

娘のイヤイヤ期はすさまじく、初めて目の当たりにしたときは頭がクラクラしました^^;

ワンオペ育児中の娘のイヤイヤには何度も泣かされました。

それでも、共感して説得していくことで以前よりは悩んだり、苦しんだりせずに育児ができています★:。

とんまま

イヤイヤ期に疲れているママに少しでも実践でき、イヤイヤが落ち着きますように!>_<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です