とんままの【楽天ROOM】

雪遊びの服装はどんな感じ?実用性のないものは買わない‼ 雪国出身が教える「たった4つの準備物」

こんにちは、とんまま(twitter, insta)です。

雪遊びをさせたいけれど「一体どんな服装をさせたらいいの?」「ウエア以外に何を買えばいいの?」など、小さい頃から雪遊びに慣れていないママたちにとって準備をすることがまず大変ですよね。

いくつかのサイトをみていても実用性のないものをリストにあげていたり…普段使わないもったいないものの購入はやめましょう!

日本海側で雪が積もる地域に住んでいる私がおすすめする4つの準備物をご紹介していきます!

スキーウエア

0歳~3歳*上下一体型

スキーウエアを買いに行くと、小さい子ども用でよく見る上下一体型のスキーウエア。
着せやすい、動きやすい、乾かしやすい、お腹が冷えないといいことだらけです!
この年齢は抱っこする機会も多いので着衣の乱れがない上下一体型が最適です。

4歳~*上下別(セパレートタイプ)

自分で着脱ができたり、トイレへ行けるようになるとこの上下別タイプが使いやすいです。

ポイント
上のウエアは少し大きめで購入しても大丈夫です!

子どもが小さいうちはすぐにサイズアウトしてしますので、年に数回しか使わないところでは勿体ないですからね。袖が長い場合、一回折り曲げて4か所くらい仮止めして対応できます。きっちり縫い付けてしまうと破れたり、翌年元に戻すのが大変だったりするので気を付けてくださいね。

3歳はどっちを購入すべき?

とんまま

ちょうど悩む時期ですよね。わが家も悩みました。

結論から言うと、3歳で購入するのであれば上下別のセパレートタイプがおススメです。
上下一体型だとトイレに行く際に全部一回脱がないといけなくて、これが結構大変でめんどくさいです。
翌年も同じものを着ようと思うなら、尚更上下別を買っておくのがいいと思います。

長靴

長靴(防雪タイプ)

口が絞れる、防寒・防雪用の長靴が一番おススメです!
ただ、リーズナブル好きのわが家からすると結構値段が高いです(笑)
雪が積もる地域なのでこれを毎年買いますが(;_;)痛い出費…

レインブーツ+脚絆

これなら雪が降らないところでも、雨の日に履けますよね。年に数回しか雪遊びをしないなら実用性も大事!

注意
レインブーツだけはNG⚠これにできれば脚絆(きゃはん)とよばれる靴カバー、スノーカバーを使用して雪が入ってこないように対策をしてください!

ただ、少し足は冷たいかも・・・

スノーブーツ

スノーブーツじゃなくていいんですか?とよく聞かれますが、スノーブーツはお値段も高いうえに、意外と重くて動きにくいです。5歳の息子がスノーブーツを欲しがりましたが、試し履きの時点でかなり動きにくそうで(・・;)靴底に爪があるタイプなんかはすべる心配もないので安心できる点はいいですよね。ただ、スノーブーツはなんといっても保温性が高い長靴やレインブーツに比べるとはるかに温かく冷えにくいです。ただ、雪が降って積もる地域に住んでいますが、スノーブーツを履いている子を見かけることは少ないです。

 

でも、でも、足の寒さや冷たさが気になる‼‼‼という方は下記をご覧ください。

長靴での寒さ対策

* レッグウォーマーの着用

* スキー用靴下の着用

これだけでも全然違います!特にスキー用の靴下は分厚くて温かいのでおススメですね!

注意
スキー用の靴下は分厚いのでいつもはぴったりはけている長靴も小さく感じる!痛い!となることも。ここだけ気をつけてくださいね。

防水用の手袋

赤ちゃん~幼児

親指だけが独立しているタイプ
五本指の方が動かしやすそうに見えますが、握力がないと動かしづらいんです。5歳の息子でさえ五本指の分かれている手袋をしたら「動かしにくい。」と言っていました。

ただ、5歳くらいで新しい手袋を購入する際は後々のことを考えて五本指が分かれているタイプでいいと思います!

小学生~

五本指が分かれているタイプ
小学生くらいからこのタイプでいいと思います。雪遊びだけでなくスキーやスノーボードをし始めるなら確実にこちら。

毛糸の手袋はダメ?

正直、雪をそんなに触らないのであれば毛糸の手袋でも大丈夫です。そりに乗ってすべるだけ、とか。

2歳の娘は防水用の手袋だとうまく雪を掴めなくて嫌がりました。毛糸の手袋をはめてみましたが、毛糸の手袋は濡れて冷たくなるのでいやがりました。その後は素手で…ただ、しもやけになって手が赤くパンパンになってました(笑)

帽子

できれば毛糸の帽子が温かくていいですよ!でも、スキーや雪遊び専用にわざわざ買う必要はなくて、普段かぶっているニット帽くらいでも全然問題ありません。

雪国ではおじいちゃんたちが普通のキャップをかぶったり、頭にタオル巻いてたりするくらいなので(笑)頭を保護するという意味合いからも何か帽子を被って雪遊びをすることを推奨します。

服装・持ち物

動きやすい服装

長袖、長ズボンが好ましいですかね。

とくにスキー場などに遊びにいくろレストハウスなんかではウエアを脱いで過ごします。ウエアを脱いだ時に恥ずかしくない格好がいいと思います。息子なんかは遊んでいると暑くなってきて、長袖でも暑がることもあります(笑)

着替えは必須

雪遊びは夢中になると汗をかくくらい暑くなります。が、当たり前ですが冷えるのも早いです!なので、子どもたちの着替えは必ず持っていきます。長時間遊ぶときは帰り用の着替えも準備していきます。

タオル‼タオル‼タオル‼

  • 濡れたウエアを拭く
  • 濡れた髪の毛や体を拭く
  • 濡れた着替えをくるむ
  • 寒いときに首に巻くとあったかい
  • 寒いときには頭にも巻ける(笑)

とにかく雪遊びは濡れることが考えられるので、水遊びくらいに考えてフェイスタオルが何枚かあるといいです!我が家はバスタオルを持って行って、子どもの汗が冷えないように拭いています。帰る際には濡れて物をくるんで袋に入れれば安心ですしね。

雪で遊ぶと楽しいもの

そり

ただ、普段しまっておく場所がなかったり、年に1回雪遊びに行く程度であればレンタルでもいいかもしれません。

砂遊びセット

普段使用している砂遊びセットで十分遊ばますよ!ただ、スキー場によってはそういった雪遊びを禁止しているところもありますので事前に確認されるといいと思います!

「あったら」でいいもの

ネックウォーマー

よく準備リストに書いてありますが、これなくても大丈夫です。本格的にスキーやスノーボードをするなら別ですが、息子も娘も嫌がってしてませんし、私も大人になってから寒さ対策でするようになったくらいです。なくても困りません。

ホッカイロ

わが家は特別使ったことがありません。身体が温まっていないときや、帰りに冷えてきたときにあったらいいかなと思う場合は準備しておいてもいいかもしれません。

 

まとめ

ある程度準備物はわかっていても、年齢によって「これどっちにしたらいいの?」と悩む場合があると思います。

年齢や状況によって購入すべきものも変化していきますので、その時々にあったものを購入してくださいね!

そして、なるべく実用性のあるものを買うことで普段使いできますので、もったいないが少なくなりますよ^^

とんまま

雪遊びはとても楽しいです♪準備が億劫だからやらせてあげられないということがないといいなと思います^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です