とんままの【楽天ROOM】

子供に習い事をやめたいと言われた時|息子に英語をやめたいと言われたとき

こんにちは、とんまま(@tonton_2mama, insta)です。

子供が習い事をはじめると、いつかはぶつかってしまうであろう「習い事やめたい」という壁。

ママ

4歳の娘に習い事をやめたいと言われたんですが、やめさせてもいいと思いますか?

わかりますよ。私も息子に「習い事をやめたい!」といわれたときに、すぐに答えがだせませんでした。

  • 続けさせるべきか
  • やめさせるべきか

きっとこの2択で迷ってしまうパパやママが多いと思います。

極論はそうなのですが、ちゃんと段階を踏んで「続けさせるか、やめさせるか」を一緒に考えてみませんか?

今回は、子供に習い事をやめたいと言われたときの対処法を順番を追ってご紹介します。

1.子供に習い事をやめたいと言わられた時の対処法

息子がやめたいと言ってきたのは突然でした。

いつも楽しそうに通っていましたし、先生との関係もとても良好そうだったので「なんで??せっかく英語うまくなってきたのに。」という気持ちが先行してしまいました。

でも、子どもがやめたいと言ったら、それはSOSのサイン子どもの気持ちを聞いてあげてください。

ポイント

「なんでやめたいの?」はNGです!なぜなら、小さい子どもが具体的に答えることは難しいからです。

〇〇がんばっていたのに(今までのことをきちんとほめる)、〇〇が嫌になっちゃった?(具体的に聞いてあげる)」のように、具体的なことを思いつく限り聞いていくと、少しずつ子どものボロがでてきます。

やめたい理由

息子と話したところ、辞めたい理由は以下のようなことでした。

  1. 宿題がむずかしくてやりたくない
  2. 英語に行っても楽しくない
  3. お家にいたい
  4. 保育園のあとに行くのがしんどい

 

いくつかやめたい理由が具体的にみえてきました。

中には「言い訳」も混ざっていたかもしれませんが、息子なりにやめるための理由をあれこれ考えていたのだと思います。

2.子供のやめたい理由が見えた!|次に親がすべきことは?

次はどうしたら問題解決できるか考えていきました。

問題解決に向けて具体的に対処していきます。

ただ、この時点で100%のこたえを求めるのは早いです。あくまで本人の気持ちを理解しようというスタンスで大丈夫だと思います。

  1. 宿題がむずかしくてやりたくない
    →今まで晩御飯の準備をしながら宿題をみていたので、晩御飯の準備の手を止めてでも一緒に取り組むようにしました。
  2. 英語に行っても楽しくない
    →先生に教室での様子を聞くと、とても楽しんでいる様子とのこと。どっちが本当?とこの時点では解決ならず。
  3. お家にいたい
    そうだよね、お家にいたいよね。と気持ちを受け止める。その裏にある気持ちが「つらい」「しんどい」なのか「甘えたい」「安心していたい」なのか「テレビをもっとみたい」なのかわかりませんでしたが、このときは本人の気持ちを受け止めることを大切にしていました。
  4. 保育園のあとに行くのがしんどい
    →お願いして息子と一緒に授業を受けてみることに。教室の先生がとても良心的な方だったので、すぐにOKしてくださいました。

こんなふうに対処していくと、本人がどこでつまづいているのか「やめたい気持ち」になっているのかが少しずつみえてきます。

3.習い事を辞めるときこそ、子供のケアは大切

実際に息子と一緒に習いごとをやってみて気付きました。

8時から17時半まで保育園にいて、18時から19時までみっちり英語をうけてきていた息子。
同じような時間働いて、英語の習いごとを受けた私自身の感想は【想像以上にしんどかった】です。

帰りの車で息子に「気付いてあげられなくて、ごめんね。ずっとしんどかったね。よく頑張ったね。」と声をかけました。ポロポロと大粒の涙を流しながら・・・

最初は楽しかったこと。先生は優しくて好きなこと。
でも、段々楽しくなくなっていったこと。身体的にしんどかったこと。

を、教えてくれました。そのときに、これが息子の本心に近いものなんだろうなと感じました。

最初から子どもの気持ちが100%わからなくてもいいと思います。少しずつ優しく心をノックしていけば、きっと扉を開いてくれるはずです。それが50%でもいいんです。開いてくれるだけでも十分かもしれません。

「そんなすぐにやめたらだめよ!なんでなの!」なんて親が習わせたい、思い通りにさせたい気持ちの一方通行。それでは、子どもだって心を閉ざしてしまいます。それだけは避けたいですね。

ポイント
ただ、なんとなくやめたい。嫌いじゃないけど。と子どもの気持ちがぼんやりしているうちは、習いごとを続けるか少しの期間休ませてもらうのもいいと思います!

とんまま

私も息子の「やめたい!」を聞いてから2回ほど行かせているんです。まだ、息子の気持ちが二転三転するんじゃないのかな?と思ったので。

4.習い事をやめる決断|夫婦で意見が合わないときは

意外と大変だったのがこっちかもしれません。笑

「一度やると言ったことをすぐにやめるのはどうかと思う。」

「嫌なことから簡単に逃げれると思ってしまうんじゃないか。」

という、旦那の主張。

きっと、この記事を読まれているママさんもこんな気持ちはどこかにあると思います。私だって少なからず最初はありましたから。

 

でも、そんな人にこそ問いたい。

 

苦しい気持ちを抱えたままやり続ける、やり遂げるってそんなに大事?
辛いことから逃げないことってそんなに大事?

頑張り続けようとして適応障害になり心身ともにボロボロになった経験がある私からしたら、それだけがすべてではないと思えました。

 

ひとつのことをやり続ける、やり遂げるということも大切なのもわかっています。

でも、悩んでいるママには子どもと向き合った中でこたえを出したならOKであると思って欲しいです。

1.短い間でも新たな世界にとびこんだことは絶対にマイナスにはならない
2.続けられなくても次になにか続けたいと思うことに出会えるかもしれない
3.頑張ってきたプロセスはきちんと認めてあげるべき

上記のことを旦那に主張しました。

きっと旦那は腑に落ちない部分があったと思います。母親ではなく、父親としての考えもあるので当たりまえです。

でも、やめたいというまで一言も愚痴をこぼさず、泣くこともなく、一生懸命続けようと努力した息子を褒めてあげたいです。だって、大人でも一緒じゃないですか?仕事で辞めたいと思っているとき「頑張って最後までやりとげなさい!」なんて言われたら嬉しいですか?毎日ハッピーに生きれますか?自分に置き換えて考えてみたら、きっともっと素直な気持ちで子どもと向き合ってあげられます。

まとめ|その後、親ができることは?

習っていたこと(英語、ピアノ、水泳など)が嫌いじゃないのなら、触れる環境は残しておいていいと思います。

息子もいまだにDVDや教科書を出してきて、娘と一緒に英語で遊んでいるときがあります。知っている単語に関しては自信をもって発音してます(ドヤ顔でww)

習いごとをやめたら、終わり。では決してないです。

「やめさせる決断に迷っているママへ」こちらの記事を読んでみませんか?

参考 「習い事をやめたい」といわれたら、やめさせるべき。日経デュアル

【とんままのここだけの話】

わが家では、息子が習っていた教材を娘が熱心にとりくんでいます(笑)

2歳前くらいから英語の歌を何曲か口ずさんでいます。習っていた息子より発音がきれいです(笑)

好きこそものの上手なれ という言葉があるように、娘の方が英語を好きなのかもしれません。


あとは、心のケアですよね。その子によって違いますが、わが家では思い切り甘えさせました。寝る前に抱きしめたり、大好きだと伝えました。

いいんだ!それでいいんだ!そのままの君でいいんだ!

子どもが傷付いたり、失敗を恐れるようになったり、自信喪失してしまうのだけは避けて欲しいです。

 

とんまま自身の経験

私自身4歳の頃にピアノを習いはじめ、楽しくなくなってやめました。

やめるときは親叱られました。「最初から習わなかったら…」「全然続かなかった。」など。

当時は嫌な思いをしたことしか記憶にありません。

それでも、ピアノは好きだったので、小学生高学年くらいから独学で楽譜の読み方を勉強して、今はコード弾きなども加えて趣味程度ですが弾けています。そして、楽しんでいます。やめた習いごとは決して無駄にならないと思うのは、実体験からでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です