ママペイリスト作成!無料台紙あり|項目・内容の決め方はコレ!

コロナによる外出自粛、家庭学習の中でママさんたちのアイディアから「ママペイ」が生まれましたね!

6歳になる息子が

息子

友達はお手伝いしたらお金もらえるんやって!

と、興味を持っている様子だったのでわが家でも「ママペイ」導入してみました。

おっ!これはいいチャンス!!

とんまま

ただ【ママペイ】というワードは聞いたことがあっても

どうやって作ったらいいの?実際やってみてどうなの?

とわからないことも多いですよね。

そこで、今回はママペイのリスト作成の方法や項目、内容や実際にママペイを導入してどうだったのかをご紹介しますね!

 

1.ママペイの台紙作成

ママペイを開始するにあたって

パパペイがあってもいいよね!?

とんまま

と思ったのでわが家では「とんままん家ペイ」としました。

手書きでもよかったのですが、、、

 

得意ではないのでCanvaを使って作成してみました!

台紙つくるのが面倒なんだよね…

というママもいらっしゃると思うので、無料でダウンロードできるようにしましたよ!

【台紙】無料ダウンロード

全部で10色のパターンをつくりました♪

空白部分を自由に使えるように、あえてリスト形式にはしてません。

ご自由にお子様と作成してみてくださいね!

2.ママペイ|項目のつくり方

ママペイの項目を決める際に、いろいろな系統から選んでいくと書きやすいですよ!

参考までに系統別に具体例を紹介しますね。

お手伝いできること系

・お風呂掃除
・部屋の掃除機かけ
・玄関掃除
・洗濯物をとりこむ
・洗濯物をたたむ、しまう
・ご飯の配膳
・お皿、箸、ふきん等ご飯の準備
・食卓の片づけ(お皿をさげる等)

自分のことを自身でする系

・後片付けをする
・もちものの整理整頓をする
・準備をひとりでする
・お風呂上り自分で着替える
・布団をたたむ

家族を助けること系

・リビングの片づけ
・花の水やり
・買い物リストの作成
・パパの靴磨き
・妹や弟を手助けする

3.ママペイの内容を決める際の注意点

年齢にあった内容にする

項目づくりをするまで私も気づかなかったのですが

年齢に合った項目づくりをすると子供たちも手伝いやすいそうです!

お手伝いしやすい内容だとペイ稼ぎしやすく、子供たちもやる気になりやすいですね。

系統が固まりすぎないようにバランスよく取り入れてあげましょう!

MEMO
年齢に合ったお手伝い内容を確認したい方はこちら

 

《どこまでするか》は明確に

洗濯物をたたむでも「自分の分」なのか「家族全員分」なのか、どこまでしたらよいか子供たちに明確にすることが大切です。

こうじゃなかったのかよ~となるとやる気もそいでしまいますからね。

小さいお子さんであれば「タオルたたみでOK」などハードルを下げるとやる気もUPするかもしれません。

どこまでしたらOK!を子供と一緒に決めるのもおすすめですよ♪

ペイの付与・交換の決め方

ペイの付与・交換についてですが、ペイのポイント付与はママが決定していいと思います。

 

大事なのは「交換」の方です!

交換内容によって子供たちのやる気もUPしますから、よく考えましょう。

 

わが家では息子にどんなご褒美があると嬉しいかを事前に聞き

息子

・YouTubeを観たい

・ママと遊びたい

・100円が欲しい

という息子の意見を取り入れて、交換の内容を決めました!

はじめはYouTubeでヒカキンさんを観ていましたが、お菓子を買ったりカードゲームをしたりしたくなってきて、最近は「ペイ貯金」にはまっています(笑)

マイナスペイをつくるべき?

マイナスペイは取り入れても、取り入れなくてもOKです!

ママペイを作成されている方の多くは取り入れていて、マイナスにならにように子供たちが気を付けるという利点もあります!

しかし、わが家の息子は頑張って集めたものを減らされると落ち込んでしまうタイプなのでマイナスペイは合っていないと感じ取り入れませんでした。

もちろん、年齢が高ければマイナスペイを作ることでママが助かる方向に進むこともありますので、家庭状況やお子さんの年齢・性格に応じて取り入れるのがいいですね!

4.実際にママペイをとりいれた効果

やるときはやるし、やらないときはやらない

 

でも、言われないとしない → 言われなくてもする に変化!

 

言わないとしれくれないのは結構しんどいですが、ママペイのおかげで進んでしてくれることが増えました!

お手伝いすることでペイが貯まるのは嬉しいようです。

ママペイを導入して…1ヶ月後

やりはじめた頃はコンスタントに手伝ってくれていましたが、小学校生活が本格的にはじまったこともあり気が向いたとき・したいことがあるときにママペイに取り組むようになりました。

新しい環境、新しい生活に慣れるのが優先と考えているので手伝いをしてくれたらラッキーくらいの心構えでいます。

 

もちろんやらないモードが続く日もあります。

 

最近では3歳の娘がお手伝いをしてくれるようになり…

息子

ママ!妹は30ペイGETだよね!?

娘はわけもわからずペイ稼ぎしてます。

稼いでいる気持ちはなさそうなので、これが本当の自主性なんだとは感じます(笑)

でも、総合的にもママペイを取り入れてよかったなと感じます!

やみくもにお小遣いをせがまれることがなくなって嬉しいです♪

とんまま

まとめ|ママペイのリストを作成したことで、子供の自主性を刺激!

  1. 項目は年齢に合わせて考えよう!
  2. いろんな系統のお手伝いをピックアップ!
  3. どこまでやるとOK か明確に!
  4. ペイ交換の内容はぜひ子供たちの意見を取り入れて♪
  5. マイナスペイは各家庭で検討しましょう♪

今回、ママペイを作成して思ったのは

息子

ママ、これ手伝ったら何円?

と毎回聞かれることがなくなり

ママペイリストをみながら

息子

よっしゃ!50ペイGET~♪

と言ってくれているので、断然、私の気持ちは楽です(笑)

ママペイ稼ぎで計算も自分でさせているので、さんすうの勉強、お金の勉強にもいいかなと感じます♪

とんまま

各家庭に合ったママペイ、ファミリーペイ、パパペイができますように!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です