とんままの【楽天ROOM】

【熱性けいれん】子供の症状・体温・後遺症・遺伝について|娘が3回熱性けいれんを起こした経験をふまえて

乳幼児期(生後半年~5歳頃)に風邪をひいたり、インフルエンザにかかったりして高熱がでると「熱性けいれん」を引き起こす可能性があります。

熱性けいれんってどんな病気ですか?
熱性けいれんは遺伝するって聞きますが本当ですか?

熱性けいれんって脳に後遺症とか残りますか?

約10人に1人の割合で熱性けいれんを起こすとされている中で、あまり情報にふれる場は多くないですよね。

いざわが子が熱性けいれんを起こしたとき、私は恐怖でいっぱいでした。本気で「死んだらどうしよう!」と泣きそうになったことを覚えています。

熱性けいれんについて知らないことが多いというパパママへ、熱性けいれんの症状、どれくらいの高熱で熱性けいれんを起こすか、後遺症は?遺伝は?ということについてぜひ知って欲しいです。

1.子供の熱性けいれんの症状

子供が引き起こす熱性けいれんとは、乳幼児期(一般的に生後半年~5歳ごろ)38℃以上の発熱により起こすけいれん発作のことを示します。熱性けいれんの症状は主に以下の通りです。

  • 発熱時(発熱から通常24時間以内)に発症
  • 両手両足がつっぱりガクガクと震える
  • 白目をむく
  • 呼びかけに反応しない
  • 唇の色、顔色が悪くなる
  • 5分以内でおさまる

娘が熱性けいれんを起こした際も、3回とも身体が硬直してガクガク震えていました。

娘の場合は白目を向くことはなかったのですが、目を見開いて一点を見つめているような感じでした。

呼びかけには返事はなく、私の姿を目で追うような(左右に動く)ことはありませんでした。

左右非対称に震えることもなく、泡をふいたりもありませんでしたが、3回目はけいれんがおさまったあとに嘔吐がありました。

けいれんが終わったあとは毎回ぐったりしていて徐々に意識が戻っていくような感じでした。

とんまま

落ち着いてといわれても、実際にわが子がけいれんを起こすと難しいです。そのためにも、最低限知識として熱性けいれんが病気がどういったものか、知ることはとても大事だと痛感しています!

2.子供の熱性けいれんの体温

38.0℃以上の熱でけいれんを起こすのが熱性けいれんという病気です。

実際にどれくらいの高熱でけいれんを起こすかは個人差があるようです。

ちなみに娘が熱性けいれんを起こした直前に測っていた体温は次の通りです。

1回目 38.7℃
2回目 39.0℃
3回目 39.6℃

熱の高さはバラバラでしたが、3回とも38.0℃以上の高熱でした。

逆に、熱がないときのけいれんはてんかんなど他の病気を疑うという説明を医療機関で受けました。

とんまま

38.0℃以上の熱を怖がる必要はありませんが、それくらいの高熱になると熱性けいれんを起こす可能性があることを頭にいれておきたいですね!

3.子供の熱性けいれんは後遺症のこらない

熱性けいれんを起こすとどうしても後遺症や将来のことが心配になる方も多いと思います。

結論からいうと

  • 熱性けいれんが原因で死亡することはほぼない
  • 熱性けいれんが原因で後遺症もほぼない
  • 将来てんかんになる可能性は極めて低い(数パーセント)

という病院や研究機関の見解が大多数です。

とんまま

実際に私も心配で、2つの医療機関で質問しましたが「まずその可能性はない」と説明を受けました。

ただし、合併症を引き起こしたり、髄膜炎など他の病気のけいれんとなると話は別だそうで、子供の表情・状態には十分注意して観察することが必要との説明はうけました。

すぐに医療機関を受診すべき場合

熱があって、けいれんを起こしたら「熱性けいれんだろう。」と安易に考えるのも危険です!

・5分以上のけいれん→救急車を呼ぶ
・1日にけいれんを何度も起こす
・けいれん後の意識回復が遅い
・左右非対称なけいれん

のような場合は速やかに医療機関を受診してくだいね!

4.子供の熱性けいれんは遺伝する可能性が高い

現在、多くの医療機関では「熱性けいれんは高い確率で遺伝する。」「遺伝的要因がある。」と考えられています。

しかし、その一方で熱性けいれんとは約10人に1人の割合で発症することから遺伝的要素は低いと考える医師や研究機関もなかにはあるようです。

娘が熱性けいれんを起こした際、受診した3つの医療機関で

ご両親は幼少期に熱性けいれんの経験はありますか?

と、質問されました。遺伝的な可能性が高いので念のための確認と説明を受けました。

ちなみに、わが家は旦那も私も幼少期に熱性けいれんの経験がともに1回あります。

ただ、息子は40℃の高熱を何度か出していますが、熱性けいれんにならずにもう5歳です。

やはり、遺伝的なことを過剰に心配したり、逆に遺伝的に大丈夫だろうと過信したりするよりも「もしもわが子が熱性けいれんになったら」と心構えをして、事前に知識として頭の隅においておくのがベストです。

まとめ|熱性けいれんは38.0℃以上の高熱で発症!けいれんの時間を要チェック!


今回は熱性けいれんの症状や体温、後遺症や遺伝についてご紹介してきました。

後遺症の心配はいらない、遺伝する可能性が高いといえど、やはり大切なのは熱性けいれんについて知り、しっかりと対処することです。

  1. 乳幼児期の38.0℃以上の高熱には注意
  2. 後遺症を心配する必要はないが、子供の状態には細心の注意をはらう
  3. 遺伝的要素もあるが過剰な心配・安心はしない

熱性けいれんの対処法については下記記事にてご紹介しています。

チェックシートも無料でダウンロードできるようになっているので、ぜひご活用ください★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です