とんままの【楽天ROOM】

支援センターへ行くと疲れる・苦手と感じるママへ|試して欲しいこと5選★:。

子育てがしんどく感じたときに、私も実際に支援センターを訪ねたことがあります。

  • ママ友さんをつくりたい
  • 子供たちを遊ばせる場にいきたい
  • 子育てのアドバイスを欲しい

など、様々な思いを抱えて支援センターに足を運びますよね。

私もママになったら、絶対活用しようと意気込んでいました!

とんまま

それでも、実際に行ってみると

  • 馴染めない
  • 意外と疲れる
  • 相談しづらい

など、思っていたより「なんとなく疲れる」「ちょっと苦手」を経験するママも多いのではないでしょうか。

私も「思ってたんと違う。」と感じて足が遠のいたタイプです(笑)

とんまま

支援センターに行くのが疲れる、支援センターに行ってもひとりぼっちと感じるママさんに実践してみて欲しいことを紹介しますね♪

1.支援センターの職員の方に話しかけてみる

子供を見ながらママさん同士で話すのは難しい場合も多々あります。そういったときは、まず支援センターの方に話しかけてみてください!支援センターの方に話しかけるメリットは…

  • 聞き上手な方が多い
  • 相談にのってくれて、アドバイスをくれる
  • 話の途中に泣き出しても子供をあやしてくれる
  • 自分では気付かないわが子の成長、良い点に気付いてくれる

 

やはり、長い経験をつまれたり、子育ての先輩なだけあって適格なアドバイスをもらえることが多かったです!生後7ヶ月~1歳ころによく利用しましたが、子供をあやしながらママさんたちと話すのがしんどかった私は割と支援センターの方とお話することが多かったです!

ぜひ、懐をお借りするつもりで、甘えに行くつもりで、話しかけて他愛のない話をしたり、相談をしてみてくださいね★

2.支援センターのイベントに参加してみる

私は支援センターに慣れはじめると、その月や週にあるイベントめがけて行くことが増えました。

  • 理由1)製作などに集中するので、周囲との会話がなくても大丈夫!
  • 理由2)製作、ダンス、親子遊びなどイベント自体は楽しい!
  • 理由3)家ではつくれない、遊べないことができる!

 

情けない話ですが、周囲と会話をしなくても楽しい時間を過ごすことができたので進んで参加していましたね(笑)

とんまま

私の参加していた自治体で行われていたイベントは、次のようなものです。

  • ベビーマッサージ
  • 身体測定
  • 誕生日会
  • つくって遊ぼう(製作)
  • 歌って遊ぼう
  • 踊って遊ぼう
  • お誕生日会
  • 運動会
  • ハロウィンパーティー
  • クリスマス会
  • 絵本フリーマーケット

また、実際に行ってみたものの疲れたイベントたちもありましたよ。

  • 読み聞かせ
    → 全く興味がなく動き回る息子を制止するのに疲れる
  • ママカフェ
    → グズる息子をあやしながら、ママさんたちの会話についていくのに必死になり疲れる
  • 子育て講座
    → 「こうしなければ!」と育児に必死になり過ぎて疲れた
せっかく綺麗にして行ったのに、疲れただけだったなぁ~。なんてことも、ありました(笑)でも、そんなときは「行く選択」をした自分をほめてあげてくださいね!疲れたのは結果論で、行こうと行動したことはなかなかできるものではありませんよ!

とんまま

3.普段とは違う支援センターへ行ってみる

何度か支援センターに足を運んだものの、疲れるなぁ…孤独だなぁ…と感じるママさん。

思い切って他の支援センターへ行ってみるのもいいかもしれません!

4つほど支援センターへ行ったことがありますが、それぞれに特徴がありましたよ!

  • 支援センターの雰囲気
  • 支援センターの方の対応
  • イベントの内容
  • おもちゃの種類
  • 話やすいママさんがいる、いない
  • 子供たちの年齢層
意外かもしれませんが、支援センターとひとくくりに言えど、1つ1つの場所でとても雰囲気が違いました!遊べるおもちゃも違って息子は嬉しそうでした♪

とんまま

4.子供の月齢(年齢)が上がってから支援センターへ行ってみる

初めて支援センターへ行ったとき、息子は生後6ヶ月でした。ハーフバースデーのイベント広告をもらったことをきっかけに行ってみることにしました。

しかし、実際に行ってみると1~2歳の子たちが元気すぎて居心地がよくなかったんです。

  • 走り回っている
  • おもちゃを占領している
  • 場所を占領している
  • 押したり、叩いたりする
  • おもちゃを取っていってしまう

その頃は1~2歳児は未知数なところがあったので、恐怖でしかなかったです(笑)

同じような気持ちになったことのあるママに勧めたいのは「子供が大きくなってから再度行ってみること」です。

とんまま

子供自身でできることが増えたり、遊べるようになったりすると、連れて行っても子供が楽しそうにしているのでママも楽しくなること間違いなしです♪

5.支援センターへ行かないという選択肢もある

友達と話していても、SNSをみていても「支援センター行ってきたよ!」「支援センターでこんなことしたよ!」と楽しそうな情報を得ることも多いと思います。

もちろん、自治体も「ママが孤独にならないように」と支援センターの案内もされますしね。

それでも、

私は、息子が1歳半くらいから全く行かなくなりました!

とんまま

もともと支援センターに苦手意識があったからということもありますが…

  • 息子とコミュニケーションをとれるようになった
  • 息子が歩けるようになった
  • 息子が外で遊ぶことが大好きだった

ことが大きいと思います。2人での生活を楽しめるようになってからはわざわざ行きませんでした。

なので、支援センターは「疲れる」「苦手」と思っているママさんに行かないという選択肢もあるということを伝えたいです。

まとめ|支援センターへ行くと疲れる・苦手は軽減できる可能性もある!

支援センターへ行くとなんとなく疲れる、苦手と感じるママも少なからずいます。全然変なことではありませんよ!

しかし、最初から「もう行かない」となるのも、少しもったいない気もします。

核家族が増えて、馴染のない土地柄での子育てなど孤独になりがちなママだからこそ、支援センターへは一度顏を出してみて欲しいです!

  1. 支援センターの方と話してみる
  2. イベントに参加してみる
  3. 行く支援センターを変えてみる
  4. 子供の成長を待って、再度行ってみる
  5. 行かないという選択肢もある
また今度行ってみようかな。でも、無理して行くのはやめた!でも、ママなりに気持ちが少し軽くなってくれると嬉しいです♪*。

とんまま

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です