とんままの【楽天ROOM】

エアコンのカビ・ハウスダスト対策!~徹底的にW除去する9つの方法~

エアコンを使用する時期になると、くしゃみや鼻水が止まらなくなったりすることはありませんか?

わが家の5歳の息子も6月の蒸し暑い梅雨時期にエアコンを稼働させたところ、くしゃみと鼻水がとまらなくなるという大変なことが起きました^^;

今回はそのエアコンのカビやホコリ、ハウスダストにどのような対処法をとっていけばよいのかを紹介します!

エアコンの【カビを撃退】でアレルギー症状を緩和する方法!

まず、カビを部屋に浮遊させないためには、まずはカビを発生させない・増やさないが一番重要になってきます。

では、カビを増やさずにエアコンを稼動させるにはどうしたらいいの?ということになりますが、意外と簡単です。

カビを増やさないためにすること
使用後(毎回) 内部乾燥・内部クリーンを稼動させる
2週間毎 フィルターの掃除

 

まず最初にできることは、エアコンを停止させる度に内部乾燥/内部クリーンを行うことです。

 

画像引用:ダスキンHP
画像引用:ダスキンHP

特に梅雨時期から夏にかけて使用する【冷房・除湿】は、エアコンの内部で空気が冷やされて結露状態になります。そして、そのまま水分を含んだ状態で停止してしまうと、カビの好む環境が整ってしまいカビが繁殖しやすくなるのです。

ちなみに、カビ臭いにおいがしてしまってから内部乾燥を稼動させても効果はないので、必ず使用後に内部乾燥をおこないカビの増殖を防ぎましょう!

①内部乾燥/内部クリーンをエアコンの使用後に稼動させる

冷房や除湿を停止した後に、送風や暖房運転(約80~120分)によってエアコンの内部を乾燥させてくれる機能です。エアコンの内部を乾燥させることによって、カビの発生をおさえてくれます!もしも、毎日内部乾燥をすることが困難な人は最低でも2~3日に1度行ってくださいね。基本的に、使用後に毎回行うのがベストです。

内部乾燥の電気代
エアコン会社のHPなどで調べたところ、内部乾燥/内部クリーンを1回稼動させるにあたりかかる電気代は1.5~4円程度です。1ヶ月毎日内部乾燥を行ったとすると「4円/回✕31日=124円/ヶ月」1ヶ月毎日稼動させても約120円台ということがわかります。
思っていたよりリーズナブルにお手入れできるんですね!

とんまま

わが家も早速設定!

リモコン表示は「内部クリーン」でした▼

②エアコンのフィルターを掃除する

掃除の目安 2週間に1度(約8時間/日使用する場合)
準 備 物 掃除機、ぞうきん、ブラシ(使い古しの歯ブラシでOK)、濡れていないタオル
手順1
エアコンのほこりをとる
掃除機で吸い込んだあとに、ぞうきんなど拭き仕上げするとかなりきれいになりますよ!
手順2
フィルターのほこりを掃除機で軽く吸いとる

1.前のカバーを開けます
2.軽く掃除機で吸いとります

手順3
フィルターをそっと取り外す

女性の方でも簡単にできます! 

手順4
フィルターの表側からほこりをきれいに吸いとる

取り外してそのまま置いたこちらが表側!裏側から吸い込むとフィルターの網目にホコリが入り込んでとりにくくなるので注意!
手順5
フィルターの裏側から洗い流す


歯ブラシを使うと洗いやすいですよ!

手順6
フィルターを乾かして戻す

タオルで水分をよく吸いとって、乾燥させてからもどしてください! 

③エアコンからカビのにおいがしたら「エアコンクリーニング」


カビのにおいがしたら、エアコンの内部にもカビが増殖している可能性があります。その場合に、自分たちででできることは以下の通りです。

  • エアコンを稼動したら部屋の窓を開けて換気をする
  • 高温に設定して送風1時間以上
  • カビ防止スプレーをする

しかし、エアコンにカビが増殖してしまった経験のある私の一番のおすすめはやはり「エアコンクリーニング」を行うことですね。ドラッグストアでエアコンクリーニングのスプレーを購入して試しましたが、全く効果はなく。高額なので迷いましたが、カビくささがなくなり快適に使用できるようになりましたのでかなり満足でした!エアコンクリーニングなら【おそうじ本舗】インターネットで簡単に申込できますよ。

ちなみに、私がお願いした当時(2015年)はクリーニングに15,000円ほどかかりましたが、新品のようにきれいになったエアコンが嬉しかったです!

とんまま

エアコンクリーニング【レビュー】


エアコン内部まで掃除してくれた
・すぐにカビくささがなくなる
内部が新品のような色合いになった


お値段が高め
・カビの汚れがすごくて若干気分が悪くなる(笑)

トータル的に、値段は高く感じたものの自分たちではどうすることもできなかったので、クリーニングしてよかったと感じました!



エアコンや部屋の【ハウスダストを撃退】でアレルギー症状を緩和する方法!

①ダニシートを置く

ダニシートとは、ダニがいそうなところにポンッと置いておくだけで、ダニを捕まえてくれるシートです。簡単に設置できるうえに、捨てるのも手軽で、捕獲効果も高いと人気があります。わが家は生協で購入していますが、楽天やAmazonなどでも多数販売されていますよ*^^*

②空気洗浄機を使用する

ハウスダストの除去をしてくれる空気清浄機。清浄フィルター・HEPAフィルターと呼ばれるフィルターを搭載した空気清浄機がハウスダストに効果があるとされていますので、購入の際には要チェック!

とんまま★購入品
加湿空気清浄機|シャープ KC-F70【レビュー記事】わが家はリビングと和室がつながっているので、少し大きめを購入しています。

③こまめに掃除する

まず、一番のポイントは上のホコリから落としていくこと。いきなり掃除機をかけるのではなく、棚の上・テレビ・カーテンやブラインドなどについたホコリをを落とすことで、より効果的にハウスダストを減らせます。さらに、普段からホコリをためないように気をつけることが大切です!

より効果があった床拭き!
掃除機をかけても、息子のくしゃみや鼻水はスッキリ!とはならず…。そこで、掃除機をかけたあとに息子とゲーム感覚でぞうきんがけをしました。すると、かなり効果があったようで息子のくしゃみ・鼻水の症状がおさまりました!モップやフローリング用のシートで仕上げ拭きするとかなり違うと思います!
ぞうきんがけのおかげで鼻水、くしゃみがおさまったよ♪

息子

④寝具を洗う、干す

シーツは毎日とりかえるのが好ましいとされています。お布団は天日干しするのがよいようですが、最近では布団をパンパンとはたくのはよくないとされていますので気を付けてください!

<わが家の布団干し問題>

  • ベランダが極めて小さい
  • ベランダが西側
  • 毎日布団カバーを洗う重労働
  • 花粉症のため春秋は干せず
  • 日本海側のため冬は干せない

とんまま

そんな私が今購入を検討中なのが、布団乾燥機!最近の布団乾燥機にはダニ退治機能がついているのです。ダニは50℃以上の温度で死滅されるといわれているので安心です。口コミやレビューもかなり高評価になっていますね♪

⑤部屋の換気をする

部屋や家の窓を開けて換気をすることも大切です。最近の建物は気密性が高くなっており、きちんと窓を開けて換気しなければハウスダストも外にでていきにくいのです。ぜひ、掃除機をかけるときや休日などは窓を開けてハウスダストを外へ出すようにしたいですね!

⑥室温・湿度に注意する

一番気を付けなければならないのが、室温・湿度といわれています。高温多湿が大好きなハウスダストなので、極力部屋を室温20~25度以下、湿度50%以下に保つようにしましょう。ちなみに、ダニは割と高い室温を好みますので、夏場はせめて湿度に注意したいですね。

ダニが好む環境
湿度 60%以上
室温 20~30℃

室温や湿度を管理するためには室温・湿度計を部屋に設置することをおすすめします。

ちなみに、保育園で使用されていて、わかりやすいと感じたものがこちらです。

created by Rinker
¥1,420 (2019/11/20 09:04:10時点 楽天市場調べ-詳細)

わが家ではあまりに室温・湿度計アピールをしたくなかったので、シンプルなこちらを購入しました!

主張しない感じがGOOD!

主張しなさすぎ?笑
ちょっとおとなしめ君です*^^*

まとめ|エアコンをつけると止まらない鼻水くしゃみに~9つの対処法!~

エアコンを使用することによって引き起こされるアレルギー症状を抑えるための対処法を紹介してきました。

くしゃみや鼻水が止まらなくなるのはつらいですからね。そのためにも、日々できることはコツコツとしたいものです。

  1. エアコンを使用後は内部乾燥/内部クリーン
  2. エアコンのフィルターを掃除
  3. カビやほこりがひどいときはエアコンクリーニングを頼む
  4. ダニシートを活用する
  5. 空気洗浄機を設置する
  6. 部屋を拭き掃除する
  7. 寝具を清潔に保つ(布団乾燥機がお助けアイテム!)
  8. 換気する
  9. 室温・湿度には気を付ける
大事なのはカビやハウスダストを増やさない、放置しないことですね!

とんまま

 

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です