とんままの【楽天ROOM】

学資保険は本当に必要?!おさえておきたい学資保険のメリットとデメリット

こんにちは、とんまま(@tonton_2mama)です。

子どもが産まれたり、将来の教育資金について考えたとき「学資保険に入った方がいいのかな?」「いったいどうやって決めたらいいんだろう。」と思いますよね。

今回は学資保険の必要性についてご紹介しようと思います♪

学資保険になぜはいる?

子どもの将来のために貯蓄しようと思うとみなさん「学資保険」を思い浮かべますよね?!でも、今の時代、みんながみんな学資保険で貯蓄しているわけではありません。

低解約返礼金型終身保険を選択したり、外貨建終身保険を選択したり、さまざまな方法で貯蓄するようになっています。

それでは、なぜそれでも「学資保険」という選択をするのか。

それは、昔の学資保険がよかったので、いまでも学資保険がいいと思っている人が多いということです。

昔の学資保険がよかった点は返礼率がうんとよかったことです。満期になると払った金額以上のお金をうけとることができたんです。教育資金を貯蓄するという目的に対して、とてもよい保険商品だったといえます^^

だからこそ「学資保険にはいっておけば安心!」という考え方をもつ人が多くなり、今でも迷わず「子どもが産まれたら学資保険にはいる」という考え方が根付いているのだと思います。

しかし、昔の考え方同様に契約をしてしまうのは危険です。今の学資保険は少し違う点があります。ものすごく悪いのか。と、言えばそうではありませんが、注意する点もいくつかあります。

まずは学資保険の性質、メリット・デメリットについて知ることからはじめましょう。

学資保険のメリット

親が死亡した場合に保険料が免除になる

学資保険の大きなメリットは契約者(主に親)が死亡した際に、払い込みがすんでいない部分が免除されるということです。

ただし、これを特約としてつけなけらばならない商品もありますし、もとからついてくる商品もあります。この払込免除の特約をつけることで返礼率が元本を割ってしまう商品もありますのでご注意ください。

学資保険だから安心。ではなく、契約内容や支払われる金額などについては理解できるまで確認するのがいいと思います。

強制的に貯蓄ができる

私は貯蓄するのに一番いい方法とは「先取貯金」であるとブログで紹介しています。

子どものためといえど、長期間貯蓄しつづけるのはむずかしい^^;強制的かつ自分に代わって長期間コツコツと貯金をしてくれる役割の学資保険はとてもいい存在だと思います。

今月は家計が厳しいから来月にしよう~という甘えがききませんからね(笑)

計画的が苦手な人、貯蓄が苦手な人には学資保険とは心強い味方であるといえますね。

注意
ただし、無理な貯蓄計画はしないこと!途中で払えなくなって解約となった場合、たいていの場合払い込んだ金額より少ない金額しか返ってきません。貯蓄計画も慎重に!

とんまま

1人目で月々の負担を大きくしてしまうと、2人目で苦しくなる場合もありますので、多少収入が落ちても払えるラインで金額設定をする必要はあると思います!

定期性の預金よりはリターンが大きい

学資保険のいいところのひとつが”返礼率がよい”ということ。これを書くと「他にも貯蓄性の高い商品はたくさんある!」と指摘されそうですが、学資保険のリスクの低さから考えたら、私は十分だと思います。

リスクを最小限。定期性の預金よりも高い利率で貯蓄することができる。

これだけで、私は大きな魅力だと思います。

さらに定期性預金とは違い年末調整の「生命保険料控除」の対象になるので、税金が優遇されるという点でもメリットはおおきいですよね。



学資保険の選び方

学資保険を選ぶときに困るのが「なにを重点的にみてきめたらいいの?」ということ。

特に学資保険は大きく損をしない上に、子どものための貯蓄性商品なので保険屋さんはガンガンせめてきます(笑)

よく考えもせずに契約しちゃった;_;とならないためにも、下記のことは抑えておきましょう。

払いだされる回数(祝い金ありタイプ)

いままでは18歳満期で一括支払いの商品が多かったのですが、いまでは祝い金として

例1)小学入学+中学入学+高校入学+大学入学

例2)大学入学+在学時毎年+卒業時

など、入学時期や大学在学時などに合わせて祝い金として一部(複数回)払われる商品もでてきています。

入学準備や受験費用に不安がある方は何回かにわけて受けとれるタイプがいいかもしれませんね。

さらに、この祝い金を「今回は大丈夫そうなので、もらわなくて大丈夫です!そのまま貯蓄としておいておいてください。」と、据置くことができる(据置制度という)ものもあります。悩まれた場合は祝い金ありを選ぶのもいいかもしれません。

注意
ただし、祝い金を小出しにして受け取るタイプは返礼率が下がる・低い可能性があるので、その点はしっかり確認して判断してくださいね!

受け取りの時期

秋冬生まれのお子さんをもつママは特にこの「満期金の受け取り時期」に注意が必要です。

なぜなら、推薦入試やAO入試などに早めに受験したり、合格したりすると卒業前に教育資金が必要になってくるからです。

そこで、17歳満期の商品もでてきていますし、18歳前でも受け取り可能な商品もでてきています。

きちんと受け取りの時期を考えて「せっかく貯蓄してきたのに教育資金が出せなーい!」なんてことにはならないようにしたいですね^^;

 

返礼率

誰もが気になるのが、この返礼率ですよね。

返礼率とは自分が実際に払込金額に対して、どれくらい資金がプラスされて返ってくるかということです。

この返礼率が高いほど、払込んだ金額以上の資金を手にすることができます。ただし、下記の点には十分ご注意ください。

  1. 払込免除特約がついているか
  2. 医療保険をプラスすると返礼率はどれくらいになるのか
  3. 満期資金を受け取れる時期はいつか
  4. 祝い金がある場合、据え置きは可能か

返礼率ばかり気にするのは危険です。きちんと全体像をみるようにしましょう!


たくさんある保険を一人で選ぶの?【保険見直しラボ】

学資保険にデメリットはあるの?

メリットのところでも注意書きしてきたことと重複している点もありますが、おさえるべきポイントはつぎの3つだと思います。

  1. 元本割れのリスク(払ったお金より少ないお金しか戻ってこないリスク)
    ・特約をたくさんつけたり、医療保険を付帯させることにより元本が割れる場合がある
    ・途中で解約すると元本割れする
    ・もともと元本を割る商品
  2. 固定金利のリスク
    ・のちのち金利がよい商品がでても、利率の変更ができない
  3. 換金性が低い
    ・すぐに現金化、資金化したくでもできない
    ・長期間、資金が拘束される

まとめ

今回は「学資保険にはいろうか迷っているママ」に向けて、メリットとデメリットについて紹介しました。

とんまま

現在の学資保険でシミュレーションをしてみたり、調べてみると返礼率100%をきる商品が思いのほか多くありました。学資保険一択!学資保険がいい!とは今の時代は言い切れないのは確かです。

それでも、私は学資保険に入っています。なぜなら、私の考える育資金の貯蓄の仕方と学資保険の性質が合っていたからです。学資保険のもともとの性質を考えると多くの人が今なお契約をするというのは納得できる部分でもあります。

しかし、周りに流されるだけではダメですよ!!

まずはあなた自身がどのように教育資金を貯めたいか考えてみませんか?リスクをとってでも増やしたいのか、今あるローン返済を繰り上げして将来にゆとりをもたせたいのか…など。

メリットやデメリットをおさえ、教育資金を貯めるにあたっての自分の考え方をまとめたうえで「やっぱり学資保険にはいりたいな。」と思ったら、きちんと契約内容を確認してから契約して欲しいと思います^^


【とんままのひとりごと】

ちなみに保険の相談をした際に担当のFPさんに学資保険を全否定されました(笑)

そのとき、代わりに短期間で払込みをおえリターンの大きい終身払いの保険をすすめられました。

その金額、月々2万円。

えっ?新規申し込みにいったっけ?見直し相談だよな?と度肝抜かれました。

たしかにリターンが大きいのは魅力!でも、自分の生活水準や考え方にあっていないものは負担になります。

自分自身でも勉強して考えなければならないことを実感しましたね。

それでも、いままで4社ほど保険相談をさせてもらったのですが、毎回保険のあれこれ知れるので勉強になってます^^

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です