とんままの【楽天ROOM】

【楽活】旦那のお弁当箱、やめました。|互いにストレスフリーになる方法

こんにちは、とんまま(@tonton_2mama, insta)です。

毎朝、早く起きて旦那さんのお弁当づくりしているママさんたち、お疲れ様です;_;

夜遅く帰ってきた旦那さんのお弁当箱を洗うのって大変じゃないですか?
お仕事で大変な旦那さんにお願いするものなんだか…

そんなママにおすすめしたいのが、お弁当箱をやめちゃうという方法です。

えっ、お弁当箱を使わないってどういうこうと?と思いますよね^^;早速ご紹介していこうと思います♪

1.お弁当箱をやめようと思った理由

お弁当箱を買っても、買っても、忘れたり時間がなかったりでお弁当箱をおじゃんしてしまう旦那。

とんまま

洗ってきてくれるときもあったのですが、洗わないことも多く。泊まりのある仕事なので、夏場出し忘れをしてしまうと匂いはとてもひどかったです。
お弁当箱の悲劇
ある日、どうしても使うお弁当箱がなくなり、私の思い出のお弁当箱を使うことに。「絶対に洗ってね!絶対に返してね!」と伝えたのに、結局職場に忘れ…最終的には捨ててきてしまうという最悪な結果に。

ほんとに嫌になった私は旦那に思い切って聞きました。「なぜお弁当箱を洗えないのかを教えて!」と。旦那の言い分は以下のようなことでした。↓↓↓

旦那の言い分
食事の時間が短いので洗っている時間があるなら休みたい

・いきなり仕事で呼び出されると、そのままになってしまう

・めんどくさい

・帰ってから洗おうと思っていても連勤になると難しい

私も前の職場ではお昼休みをゆっくりもらえないこともあって、お弁当箱を洗う時間がないというのはよくわかりました。しかし、お互い「お弁当箱」でこれほどにストレスを感じるのはつらいなと思いました。

2.お弁当箱をつかわないという選択

母に相談すると「男の人なんて相当マメじゃなきゃお弁当箱なんて洗わないわよ!」とバッサリ。

アドバイスを求めると…「お弁当箱を手軽に捨てれるタイプにすればいいんじゃない?」と。

そこで、考え抜いてたどりついた結果がお弁当箱をやめて「お弁当パック」にすることでした^^

<準備したもの>

  1. お弁当パックの容器
  2. 輪ゴム
  3. 割り箸

とんまま

食べたら、分別だけして、そのままポイッできるようにしたんです。

3.お弁当箱をやめた<デメリット>

費用がかかる(パック代、袋代など)

・汁もの、水気があるものがもれやすい

eco活動に反している

このタイプは環境には優しくないですし、少し費用がかかります。

4.お弁当箱をやめた<メリット>

・互いにストレスフリー

どっちが出し忘れた弁当箱を洗うかでケンカしたり、お弁当箱出して!と怒らなくてよくなったり、なんでこれだけ残してあるの?!なんて機嫌悪くなることもなくなり【お弁当箱によるケンカ】がなくなった点がかなり大きかったです。

・お弁当箱を買い替える出費が減った

100均のお弁当箱でさえダメにしてしまうえば108円がもったいない。1,000円くらいのお弁当箱が1ヶ月でゴミ箱行きになったときには…(涙)お弁当パックの方が逆に出費を抑えられているのでは?と思うくらいです。

5.まとめ|週2くらいで変えてみる

お弁当箱を持てたら、環境にもいいし、別途費用がかかることもないし最高ですよね‼でも、それが互いにストレスになったり、夫婦関係が悪化したりするくらいなら、お弁当箱を変えてみてはどうでしょうか。

毎日お弁当をもっていく旦那さんの場合、週2~3回お弁当パックにしてみるのもいいかもしれません。
割り箸がもったいなければマイ箸を会社においてもらえばいいですしね!

とんまま

今回は子育ての楽活ではなく、夫婦関係にスポットをあてて書いてみました。夫婦円満にするためにも、いろんな方法で楽活を取り入れるのもいいのではないかなと思います^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です